ブログ


  サイト管理人の藤野(伸)によるブログです。

ブログ一覧

高岡先生によるCAPS日本語学校視察

IMG_20180820_144026

8月20日京都北部与謝郡の高齢者総合福祉施設ユメライフはしだての高岡施設長がCAPS日本語学校を訪問され、
授業見学をされました。当日は日本語教師2名とチームティーチングを行っているリセッタ先生、ジョイ先生の初級クラスの授業見学となりました。

 

大石先生が赴任しました!

oishi

8月1日より大石有紗先生が山本先生に引き続きフィリピンへ赴任致しました。
先発した山本先生と共に従来の日本語教育の形に囚われない”新しい日本語教育”を検証、開発して頂くことになります。先ずは1年検討を祈ります!

9月のJ.TEST

image6

フィリピンでのJ.TEST実用日本語検定も9月で7回目となります。今では現地での認知度も上がり、留学、技能実習での来日を目的とした受験、そして現地日本語教師のレベル判定にも活用されているようです。
今後は首都圏だけでなく、多くのフィリピンの方々に機会を与えるために地方開催も期待したいところですね。
9月の試験は9日にフィリピン大学で実施されます。
今回の試験会場はNCPAGとISSIに別れます。詳しくはJ.TESTフィリピン事務局まで

山本先生が赴任されました!

tc-yamamoto

1月16日通算6人目の日本語教師として山本康文先生がフィリピンに赴任されました。
山本先生はママチャリで京都、埼玉間を当たり前ののように移動されるユニーク且つ非常にアクティブな人材です。
到着後早速、日本人が苦手とする現地の移動手段ジプニーやトライシクルを乗りこなしているそうです。
今回は従来の日本語の教育だけでなくフィリピン向け介護教材の開発にも力を注いで頂くことになります。
健康に留意してがんばってください!

J.TEST in フィリピン

これまで年に2回しかなかった日本語能力検定(JLPT)をカバーする存在として、実用日本語検定(Jテスト)が9月10日フィリピン大学にて実施されました。
JテストはJLPTと違って2ヶ月に1回の試験であり、A-D(N3・N2・N1・N1OVERレベル)という試験とE-F(N4・N5レベル)という2種類の試験で複数レベル認定を可能としているため、JLPTの専願に対して、実質的な併願が可能です。そして受験料はJLPTと同じ1,000ペソ(約2,300円)。
申込の締め切り(受験料の払い込み)もJLPTの2ヶ月に対して、J.TESTは1ヶ月、結果発表も2ヶ月後のJLPTに対して、JTESTは3週間にはWEB上で速報が発表されます。
フィリピンを始め所得の低いアジア圏の受験者にとってはこのような合理的な試験がさぞ待ち望まれていたことでしょう。次回以降はフィリピンの主要地域での実施が期待されています。


» 続きを読む